女性用育毛剤の正しい選び方をチェック!

女性用育毛剤の正しい選び方をチェック!

 

このページでは、抜け毛や薄毛といった症状を対処するために、女性用育毛剤の正しい選び方をご紹介しています。

 

ドラッグストアや通販では様々な製品が登場しており、配合されている成分や得られる効果には大きな違いがあるので一度チェックしておきましょう。

 

 

症状別で女性用育毛剤を選ぶ

 

どのような症状が頭皮に引き起こされているのかチェックし、使用する女性用育毛剤を決めるのは選び方として大事な要素となっています。

 

男性ホルモンのDHTが引き金となってAGAを発症する男性とは異なり、女性の抜け毛や薄毛の原因は下記のように様々です。

 

・女性ホルモンのバランスが乱れている
・頭皮環境が悪化している
・精神的なストレスが溜まっている
・過度なダイエットを続けている
・パーマやヘアカラーで頭皮にダメージが加わっている

 

そこで、症状に合わせてどんな女性用育毛剤を使えば良いのか目安を挙げてみました。

 

抜け毛が増えている⇒新陳代謝を促してヘアサイクルを正常化させる成分が含まれた製品(センブリエキスやパンテノール)
頭皮が硬くなっている⇒血液の流れを良くする成分が含まれた製品(シャクヤクエキスやトウガラシエキス)
フケが発生している⇒皮脂を抑える成分や抗菌作用を持った成分が含まれた製品(ペパーミントやイソフラボン)
頭皮が乾燥している⇒肌へと潤いを与えて保湿作用を持った成分が含まれた製品(ヒアルロン酸やトレハロース)
頭皮がかゆい⇒抗炎症作用を持った成分が含まれた製品(グリチルリチン酸ジカリウムやヨモギエキス)

 

どれか一つの成分だけではなく、様々な植物エキスがバランス良く配合された女性用育毛剤ならばありとあらゆる症状に対応できます。

 

その中でも女性から高い評判を得ているのがマイナチュレで、27種類の天然植物由来成分で頭皮トラブルを改善へと導いてくれるのです。

 

育毛促進成分や血行促進成分などバランスを重視していますし、初めて使用する方のために90日間返金保証制度が取り入れられているのでマイナチュレを毎日の生活に取り入れてみてください。

 

>> マイナチュレ公式サイトはこちら

 

 

年齢別で女性用育毛剤を選ぶ

 

年齢によって女性用育毛剤の選び方は異なり、今の自分に適した製品を使って頭皮ケアを行っていかなければなりません。

 

個人の体質によって違うので一概には説明できないものの、年齢別でどのような原因で抜け毛や薄毛が引き起こされやすいのかまとめてみました。

 

10代や20代の女性⇒頭皮の血行不良や乾燥が引き金となる
30代の女性⇒生活習慣の乱れや間違ったヘアケア
40代の女性⇒加齢による頭皮環境の悪化
50代の女性⇒髪の毛の成長に関わる女性ホルモンのエストロゲンの減少
60代以降の女性⇒加齢による女性ホルモンの減少や新陳代謝の低下

 

例えば、10代〜20代の女性は血液の流れを良くしたり肌を保湿したりという成分を含んだ育毛剤が適しています。

 

30代の女性もこの点では一緒で、同時に広範囲でフケや炎症など様々な症状を改善してくれる製品を選んだ方が良いでしょう。

 

一方で40代以降の更年期の女性はホルモンバランスの変化による抜け毛や薄毛が引き起こされやすく、どちらかと言うと女性ホルモンを調整するような成分が配合された育毛剤がベストです。

 

・オトギリソウエキス
・ヒオウギエキス
・ヨモギエキス
・クララエキス
・カンゾウエキス

 

上記のような成分が該当し、女性ホルモンのバランスを調整することで頭皮トラブルの改善を目指していきます。

 

もちろん、若い女性でも睡眠不足やストレスなど毎日の生活の中でホルモンバランスが乱れやすく、不規則な生活には十分に注意しなければなりません。

 

 

無添加・無香料かどうかで女性用育毛剤を選ぶ

 

乾燥肌や敏感肌の方は特に無添加・無香料かどうかで女性用育毛剤を選ぶのが適しています。

 

無添加⇒肌に良くない防腐剤やパラベンが配合されていない
無香料⇒何かに香りをつける香料が配合されていない

 

香料に関してはそこまで神経質にならなくても良いのですが、配合されている人工添加物には注意が必要です。

 

男性用にしても女性用にしても、育毛剤を頭皮へと塗布してから数日間から1週間程度でみるみるうちに髪の毛が生えてくるわけではありません。

 

あくまでも頭皮環境の改善がメインですし、成長期⇒退行期⇒休止期というヘアサイクルを急激に変えることはできないので、育毛剤の使用で効果が得られるまでの期間は長くなります。

 

つまり、長期間に渡って使っていくのが基本ですし、余計な成分で頭皮に刺激を与えないように無添加の女性用育毛剤を選んだ方が良い理由はお分かり頂けるはずです。

 

特に、更年期以降の60代の女性が育毛剤を使ってケアを行うに当たり、髪の毛を増やすのではなく現状維持がメインとなるのでなるべく負担の加わらない製品を選んでください。