女性用育毛剤と男性用育毛剤の違いは何?

女性用育毛剤と男性用育毛剤の違いは何?

抜け毛や薄毛といった症状が気になるのに性別は関係なく、男性でも女性でも加齢によって進行しやすくなります。

 

少しでも症状を予防するために現在では育毛剤を使っている方が多く、女性用と男性用でどんな違いがあるのか気になるはずです。

 

基本的に育毛剤という点では一緒ですし、同じ成分が配合されていることもあるので明確な違いはありません。

 

しかし、女性用育毛剤は女性の抜け毛や薄毛に着目しており、男性用育毛剤は男性の原因に特化しているという特徴があるのです。

 

男性の薄毛⇒AGA(男性型脱毛症)の根本的な原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)がヘアサイクルを狂わせる
女性の薄毛⇒加齢による影響で女性ホルモンのエストロゲンが減少して髪の毛の成長が損なわれる

 

性別によって抜け毛や薄毛の原因は上記のように異なり、だからこそ育毛剤の中に配合されている成分にも違いがあります。

 

・皮脂が過剰分泌して毛穴に詰まっている
・食生活が乱れて髪の毛の成長に必要な栄養素が不足している
・運動不足が引き金となって血行不良に陥っている
・精神的なストレスで血液の流れが悪くなっている

 

このように男女共通の薄毛の原因も関係していますが、根本的な引き金となっているのは男性ならばDHT(ジヒドロテストステロン)、女性ならばホルモンバランスの乱れなのです。

 

そこで、育毛剤によってどのような成分が配合されていることが多いのか以下では簡単にまとめてみました。

 

<女性用育毛剤>
・栄養成分
・保湿成分
・血行促進成分
・女性ホルモン様成分

 

<男性用育毛剤>
・男性ホルモン抑制成分
・皮脂分解成分
・血行促進成分
・抗菌成分

 

女性が男性ホルモンを抑制する成分を含む育毛剤を使っても大きな変化を得るのは難しく、効率良く抜け毛や薄毛のケアを始めたいのならばホルモンバランスの乱れや保湿に焦点を当てた製品が良いでしょう。

 

当サイトでご紹介している女性用育毛剤のマイナチュレの中には、女性の抜け毛や薄毛を和らげるための成分がバランス良く配合されています。

 

頭皮ケア成分や保湿成分、女性ホルモンに類似した働きをする植物エキスなどが豊富なので、毎日の生活の中にマイナチュレを取り入れてみてください。

 

>> マイナチュレ公式サイトはこちら

 

 

男性用育毛剤を女性が使うとどうなる?

 

「男性用育毛剤を女性が使うとどうなるの?」「副作用のリスクが高くなるの?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

 

男性用育毛剤の中にも育毛成分や血行促進成分は含まれていますし、現在では男女兼用の育毛剤も販売されているので女性が使っても特に問題ないのです。

 

しかし、女性用育毛剤と比較すると頭皮への刺激が強い成分が配合されていることが多く、長期間に渡る使用でかぶれや痒みといった炎症に繋がりやすくなります。

 

・市販のシャンプー剤を使ってもピリピリと痛むことがある
・秋から冬にかけての季節は特に肌が乾燥しやすい
・化粧品によっては肌荒れが引き起こされることがある

 

このような乾燥肌や敏感肌の女性は頭皮や髪の毛へと無駄なダメージを加えないために、男性用育毛剤ではなく専用の女性用育毛剤を使った方が良いでしょう。

 

特に、男性用のリアップやロゲイン、ジェンヘアーといった育毛剤の中には医薬品成分のミノキシジルが含まれており、得られる発毛効果が高い代わりに副作用のリスクがあります。

 

妊娠中や授乳中は胎児や子供に悪影響が加わる恐れがあるため、ミノキシジルを含む育毛剤はできる限り避けなければなりません。

 

もちろん、女性用の製品ならば何でも良いというわけではなく、年齢や症状に合わせてベストな育毛剤を使って頭皮ケアを行い、同時に不規則な生活習慣を見直して外側と内側の両方からの対策を心掛けてください。