前頭部の生え際が薄くなる原因は何?

前頭部の生え際が薄くなる原因は何?

前頭部の生え際が薄くなり、分け目が目立つようになったという悩みを抱えている女性はいます。

 

基本的に生え際や頭頂部の薄毛は男性が発症するAGA(男性型脱毛症)に多く見られる症状ですが、女性も同じように薄くなるのは決して珍しくありません。

 

・前髪がだんだんと薄くなっている
・分け目の地肌が透けている
・おでこや生え際付近の薄毛が進行している

 

このような症状が引き起こされる原因を以下ではまとめてみたので、抜け毛や薄毛で悩んでいる女性は一度確認しておきましょう。

 

・ファンデーションや洗顔料の洗い残しが毛穴の中に残留して髪の毛の成長が妨げられている
・前髪部分にシャンプー剤やトリートメント、スタイリング剤が残っている
・ポニーテールなどヘアアレンジの際に生え際の髪の毛が引っ張られて刺激を受けている
・ヘアカラーやパーマを頻繁に行っていて髪の毛や頭皮へとダメージが加わっている
・30代以降に髪の毛の成長と深く関わっている女性ホルモンの分泌量が減少している
・偏った食生活による栄養バランスの乱れや睡眠不足による血行不良など不規則な生活習慣を送っている

 

上記のように様々な原因が重なり合い、前頭部の生え際の薄毛が進行しやすいという特徴があります。

 

頭皮環境が悪化していると髪の毛が正常に成長しなくなり、ハリやコシがなくなって見た目的にも美しい状態とは言えなくなるので注意が必要です。

 

 

生え際に効く女性用育毛剤を使用しよう

 

生え際の抜け毛や薄毛を対策するに当たり、女性用育毛剤の使用が実に効果的です。

 

前頭部は元々血管が少ないので血行不良に陥りやすく、栄養素がきちんと行き渡らないことで症状が悪化しやすくなっています。

 

20代や30代といった若い女性でも生え際が後退するケースはありますし、頭皮環境やヘアサイクルの乱れが進んでいれば元の状態へと戻すのは大変です。

 

生活習慣の見直しだけでは改善できないことが多く、抜け毛や薄毛をサポートする女性用育毛剤を使った方が良いのはお分かり頂けるでしょう。

 

生え際の後退を防ぐに当たり、女性用育毛剤の中でも下記のように血行促進作用が期待できる成分を含んだ製品がおすすめです。

 

・リンドウ科の植物から抽出されたセンブリエキス
・海藻のミツイシコンブから抽出されたM-034
・タマサキツヅラフジから抽出されたセファランチン
・ビタミンE誘導体で化粧品にも配合されているトコフェロール
・成長ホルモンの分泌を増やすアミノ酸の一種のアルギニン
・ミノキシジルと似た構造を持つ安全性の高いピディオキシジル

 

これらの成分がバランス良く含まれた女性用育毛剤を生え際へと塗布することにより、血液の流れが少しずつ良くなっていきます。

 

ただ塗布するだけではなく頭皮マッサージの併用が効果的で、「毛乳頭に栄養が行き届く」⇒「毛母細胞が活性化される」⇒「毛髪1本1本にエネルギーが届けられる」⇒「健康な毛髪が育つ」というメカニズムです。

 

血行促進作用に加えて毛母細胞を活性化させることに焦点を当てた製品も適しており、生活スタイルの影響で細くなった産毛を太くする作用があります。

 

そんな成分をバランス良く含んだ女性用育毛剤がMUNOAGE(ミューノアージュ)で、皮膚科医ならではの新発想の育毛ケアに焦点を当てて作られました。

 

@頭皮の美容液で髪の毛の元となる生成を助ける
A薬用育毛剤で毛母細胞を活性化させる栄養を与える

 

このWステップで抜け毛や薄毛へと対処できるので、生え際の薄毛で悩んでいる女性は一度MUNOAGE(ミューノアージュ)を使ってみてください。

 

>> MUNOAGE公式サイトはこちら