妊娠中や産後に女性用育毛剤を使用できる?産後薄毛の原因は?

妊娠中や産後に女性用育毛剤を使用できる?産後薄毛の原因は?

妊娠中や産後に抜け毛や薄毛といった症状で悩まされている女性は増えています。

 

・妊娠中から抜け毛の本数が明らかに増えていった
・バンバン抜け落ちて生え際がスカスカになった
・1回シャンプーをしただけで排水溝に溜まってしまう

 

このような悩みを抱えている女性が多く、何が原因なのか以下では簡単にまとめてみました。

 

・ホルモンバランスの変化によって髪の毛の成長に異常が来たされている
・産後に無理なダイエットをして栄養不足に陥っている
・子育てによる精神的なストレスで血行不良が引き起こされている

 

妊娠中は基本的に赤ちゃんを育てるために、女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が増加します。

 

エストロゲンの作用によって成長期が長くなって休止期が短くなるので、どちらかと言うと抜け毛や薄毛は引き起こされにくいのです。

 

しかし、妊娠中に本来抜け落ちるはずの毛髪がそのまま残るため、妊娠後期から産後にかけて一気に脱毛するというメカニズムになっています。

 

このまま症状が進行してスカスカになるのではないかと不安を抱えるかもしれませんが、産後脱毛症(分娩後脱毛)と呼ばれていて出産してから一定期間が経過すればホルモンバランスが整って元通りの状態になるので安心してください。

 

 

妊娠中や産後に女性用育毛剤を使用できるの?

 

製品の種類によっては妊娠中や産後の薄毛を対策するために、薬局や通販で販売されている女性用育毛剤を使用できます。

 

風邪薬や頭痛薬といった内服薬はお腹の胎児に悪影響が起こるリスクがあるのでなるべく服用は避けなければならないものの、育毛剤は頭皮へと塗布するだけなので安全性が高いのです。

 

産後の抜け毛や薄毛は時間の経過で自然と良くなりますが、間違ったヘアケアを続けていると症状が加速しやすいので女性用育毛剤を使うのは選択肢の一つでしょう。

 

ただし、妊娠中も産後も肌がデリケートな状態となっており、以下の点に気を配って製品を選ばなければなりません。

 

添加物が含まれていないかどうか(無添加かどうか)

 

妊娠中や産後にヘアケアを行うに当たり、化学的に合成された添加物が含まれていないかどうかで女性用育毛剤を選ぶ必要があります。

 

・鉱物油
・パラベン
・着色料
・紫外線吸収剤
・石油系界面活性剤
・合成保存料

 

これらの添加物は本来は地球上に存在しておらず、長い期間に渡って肌へと与え続けているとアレルギー症状のリスクが増すのです。

 

普段は問題なく使えていたとしても、肌がデリケートな状態の時に塗布すると痒みやかぶれといったトラブルに繋がることもあるでしょう。

 

安全性は確立されていても長期的な使用で人体にどんな影響が出るのか分かっていませんし、胎児や赤ちゃんへの影響を考慮するのならば無添加の女性用育毛剤の中から比較して選ぶべきです。

 

当サイトでご紹介しているマイナチュレは女性の抜け毛や薄毛を対策するために開発されており、無添加なので安心して使用できます。

 

頭皮へのダメージが加わって余計に抜け毛が悪化するような心配はないので、産後の脱毛を少しでも防ぐためにマイナチュレを使ってヘアケアを行ってみてください。

 

>> マイナチュレ公式サイトはこちら

 

 

妊娠中や授乳中に使用OKと記載されているかどうか

 

公式ホームページやパッケージを確認し、妊娠中や授乳中に使用OKと記載されているかどうかで女性用育毛剤を比較するのは選択肢の一つとなっています。

 

例えば、ミノキシジルを含む育毛剤の場合は胎児や赤ちゃんに悪影響のリスクがあるため、妊娠中や産後の使用が禁じられているのです。

 

「効果が高そうだから・・・」という理由で選ぶと失敗しやすく、思わぬトラブルへと繋がるので注意しなければなりません。

 

上記でご紹介したマイナチュレは公式サイトで以下のように表記されていました。

 

・無添加の製品なので妊娠中や授乳中でも使用頂いて問題ありません
・ご心配であればかかりつけの医師へとご相談ください

 

確かに、素人では本当に安全なのかどうか把握できませんし、女性用育毛剤を使用する前にパッチテストをしたり専門医へと相談したりした方が良さそうです。

 

何も治療を施さずに出産後の脱毛が正常に回復する確率は66.6%だとデータが出ていました。

 

つまり、残りの33.4%の女性は自然回復できないかもしれないので、医師の許可を得てから毎日の生活に女性用育毛剤を取り入れて抜け毛や薄毛のケアを行ってみてください。

 

 

天然由来の原材料や成分を使っているかどうか

 

肌へと悪影響を与える添加物が排除されていても、化学的に合成された原材料や成分が配合されていては意味がありません。

 

妊娠中や産後は他の状態と比べて頭皮が敏感な状態になりやすく、肌への優しさを考慮して天然由来の原材料や成分を使っているかどうかで比較するべきです。

 

・自然由来の成分配合
・オーガニック成分配合
・原材料に残留農薬無し

 

このような女性用育毛剤ならば安全性が高く、肌トラブルや赤ちゃんへのリスクなく対処できます。

 

ただし、自然派成分が含まれた医薬部外品や化粧品でも個人の体質や肌質によっては炎症を中心とするアレルギー反応のリスクがあるので、かかりつけの医師への相談は忘れずに行ってください。