ドラッグストアで市販されている女性用育毛剤はどう?

ドラッグストアで市販されている女性用育毛剤はどう?

マツモトキヨシやスギ薬局といったドラッグストアでも女性用育毛剤は市販されており、現在では簡単に入手できるようになりました。

 

薄毛で悩む人口は600万人以上と推定されており、10人に1人が悩まされている計算なので決して珍しい症状ではありません。

 

クリニックで薄毛治療や手術を受けるのは抵抗があっても、育毛剤ならば自宅で気軽に対策できるので様々なメーカーから特徴のある製品が登場しているのです。

 

そこで、ドラッグストアではどんな女性用育毛剤が市販されているのか幾つか挙げてみました。

 

ロート製薬の「50の恵養潤育毛剤」:3種類の育毛有効成分と50種類の栄養成分を含む
バスクリンの「モルティ薬用育毛ローション」:抜け毛を防いでツヤのある毛髪を育てる
大正製薬の「リアップリジェンヌ」:日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでAランクの評価を得ているミノキシジルを含む
花王の「ブローネ薬用育毛ローション」:ビタミンEが血行を促進して毛髪の成長を助ける

 

全ての店舗で市販されているわけではありませんが、大手のドラッグストアならば幾つかの製品を店頭に置いているはずです。

 

どの女性用育毛剤も数千円という格安の料金で販売されており、金銭的な負担なく抜け毛や薄毛へのケアができます。

 

育毛剤の種類によって配合されている成分が異なるので、自分の症状や肌質に合わせて適したものを選びましょう。

 

 

ドラッグストアで市販されている女性用育毛剤のデメリット

 

・実際に店頭で商品を手に取って確かめられる
・コストパフォーマンスが良い

 

ドラッグストアで市販されている女性用育毛剤にはこのようなメリットがあります。

 

しかし、通販の女性用育毛剤と比較するとデメリットが多く、どのような点で異なるのか見ていきましょう。

 

・安い価格で販売されている代わりに配合成分や原材料に拘っていない
・生産性を重視しているので製造過程において難しい技術を取り入れていない
・「○○日間返金保証制度」が取り入れられていないので返品は不可能
・メントールやエタノールなど刺激的な添加物が含まれていることが多い
・店員さんを通して購入しなければならないので恥ずかしさがある

 

このようなデメリットがあるのに対して、通販の女性用育毛剤は誰も通さずにパソコンやスマホで注文するだけで自宅へと届けてくれます。

 

現在では抜け毛や薄毛というデリケートな問題を抱える女性のために、育毛剤や養毛剤とは分かりにくいデザインを採用するメーカーが増えました。

 

配合成分に気を配って肌への優しさを追求した製品も多く、返金保証制度が充実しているのもメリットの一つです。

 

ドラッグストアで市販されている女性用育毛剤の全てが悪いと言い切ることはできないものの、総合的に見て通販で購入する方が良いのは間違いありません。

 

当サイトでご紹介しているマイナチュレは店頭販売されておらず、インターネット通販で購入する形となっています。

 

市販品とは違って90日間返金保証という嬉しい制度がついているので、育毛ケアが初めての女性も気軽にマイナチュレを使ってみてください。

 

>> マイナチュレ公式サイトはこちら